Zaifハッキング被害!市場に影響は!?

相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾より本日のマーケットレポートをお伝えします。

Zaifハッキング被害!市場に影響は!?

9月20日10時時点

ビットコイン(BTC) 1BTC=716,793円 (過去24時間比+0.78%)

イーサリアム(ETH) 1ETH=23,560円  (過去24時間比+0.24%)

リップル  (XRP) 1XRP=36.55円   (過去24時間比+1.30%)

本日の仮想通貨市場はビットコインが過去24時間比○○%その他主要通貨は高安まちまちで推移しています。

20日未明、仮想通貨取引所ザイフがハッキング被害に合い67億円相当の仮想通貨が流出したと発表しました。

被害に合ったコインはビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの三つで、14日の17時頃から19時頃までの間に外部からの不正アクセスにより、ホットウォレットで管理していた仮想通貨が不正に送金されたようです。

詳細につきましては、警察の捜査に影響があるとして現在非公表になっています。

ザイフの運営元であるテックビューロは顧客資産を毀損させないための財源確保の為にフィスコから50億円の支援を受け、仮想通貨を調達した上で補填するとしています。

一方今回の事件に対し仮想通貨相場への影響は軽微で、さほど価格に影響はありませんでした。

こういったニュースが報道された後でもほとんど価格に影響されなくなっているということは、ビットコイン及び仮想通貨自体の価格が底堅くなっている証拠とも言えるのではないでしょうか。

◇5年でイーサリアムはビットコインを超える!?

大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOのZhao氏は、

将来的に仮想通貨はまだ1000倍の伸びしろがあるとコメントしているのはご存知ですか?

また、ConsenSys Capitalの共同創業者Keys氏は今年末までに

イーサリアムは2000ドルに達すると述べています。

ICOプロジェクトによるイーサリアム売却の加速などで一時的に下落はしておりますが、

世界的に支持されているコインですので、ICOの問題や証券の問題の騒ぎが収束すれば、

トレンド転換をし大きく急上昇することも予想されています。

ビットコインVSイーサリアム!

今後の勝敗の行方が楽しみですね。

イーサリアムはビットコインとは違って、独自に定めたスマートコントラクトや財産を扱うことができます。

柔軟性の非常高い仮想通貨ですが、ビットコインを超えることができるかどうかが、これからの課題ですね。

Thomas Crown Art社のテクノロジーアナリストのMcLeod氏は、

5年以内にイーサリアムがビットコインが保有しているマーケットシェアの半分を収奪すると述べています。

また、同氏は以下のコメントも残しました。

「2018年の終わりには価格がリバウンドするだろう。長期的に言えば、ビットコインの支配域を思いきり食うことになると思う。」

「実際、今のビットコインが持つマーケットシェアの半分は、5年以内にイーサリアムに奪われる。」

「あらゆる面で、イーサリアムはビットコインの数光年は先に行っている。投資家が仮想通貨に集まるにつれ、この技術格差が価格にも表れてくるだろう」

現状のイーサリアムの価格の下落については既に底を打っている模様です。

分散型台帳としての活用がさらに世の中に普及していけば、

急速に価格が上昇して、逆転する可能性も充分あると考えられます。

ビットコイン、イーサリアムともに切磋琢磨しながら、これから先の仮想通貨業界を牽引してくれることでしょう。

◇東急不動産とシンクロライフが東急プラザの飲食店でトークンを還元する実験を開始

東急不動産とグルメSNSのシンクロライフは、今月21日から東急プラザ銀座の飲食店で支払った料金の一部をトークンで還元する実証実験を行うとの事です。

これはトークンを使用した際に飲食店側のマーケティングにどのような影響が出るのかを確認する事が狙いのようで、シンクロライフを運営するGINKANが今月19日に発表しました。

この実験に参加するにはシンクロライフのアプリが必要で、会計時にアプリのウォレットのQRスキャン画面を提示する必要があります。

対象店舗は東急プラザの中にある飲食店21店舗で、飲食代金の3%をシンクロライフで使われているトークン「シンクロコイン」で還元します。

対象期間は21日から一ヵ月間行うとの事です。

GINKANが運営しているシンクロライフはブロックチェーンを活用して、飲食店のレビュー貢献度に応じてユーザーにトークンを報酬するシステムを導入しています。

昨年の9月にシンクロコインのICOを実施し、今年の9月25日に仮想通貨取引所のLATOKENに上場予定。シンクロコインはLATOKENのレートに応じて付与されます。

これこそ、ブロックチェーン技術が我々の身近に良い影響を与えてくれるわかりやすい案件になりますね。いずれ日本人が財布を持たないで外出する日もそう遠くない未来の事なのかもしれないですね。

“必勝仮想通貨塾では本日も様々な仮想通貨情報の分析を行っており

正しい知識と情報のを学ぶことが出来ます。

更にブログでは公開することができない

藤本誠之氏から入る緊急情報の配信など様々なコンテンツをご用意しております。

ワンランク上の投資家を目指す方や大きな利益を狙っている方は是非ともご登録ください!”


仮想通貨塾ではあなたが現在保有中、またはこれから購入予定の仮想通貨&ICOに関する質問や相談にお答えしております。無料メールアドレス登録後にすぐにご利用頂くことができますので、是非お気軽にご利用ください。

また、ただ今ご新規で無料登録を頂いた方には限定特典として、仮想通貨投資で大切なコツとノウハウをお伝えする”仮想通貨3STEPバイブル”を無料配信にて贈呈しておりますので、是非ご覧ください。

仮想通貨塾はあなたの仮想通貨投資を最大限に応援しサポートを行って参ります。それでは、あなたに相場の福が授かりますように!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする